このシマで、愛のある介護を。新しいカタチ。

小規模多機能型居宅介護施設は、「ご自宅で継続して暮らせるように」必要な支援を受けれる施設です。

介護保険のケアプランに基づいて、自宅にいたまま、すべての介護(通所デイサービス、ショートステイ、訪問介護)を受けられます。顔なじみのスタッフから、「通い」「泊まり」「訪問」を組み合わせたサービスを受けれるため、生活の主体を自宅に置きながら総合的な支援を受けられるのが最大のメリット。

「いつまでも自宅で暮らしたい」「大切な親は老人ホームには入れたくない」とお考えの方にオススメです。

家庭的な雰囲気なので、まるで集落の公民館や集会場に遊びにいく感覚で利用できるため、はじめての方でも心理的な抵抗が少なく利用できます。

慣れ親しんだスタッフから「通い」「泊まり」「訪問」の3つの介護サービスが受けられます

自宅にいながら利用できる小規模多機能型居宅介護施設では、つぎのようなサービスが受けられます。

・家庭的な雰囲気のなかで、入浴や食事、リハビリテーションなどをして過ごせます。

・個室で宿泊できます。

・日常生活上の援助をするためスタッフが訪問します。

・緊急対応、安否確認もできます。

※専任の介護支援専門員がおり、即時対応のケア体制ができます。

東京オリンピックの年に、オープンします。

小規模多機能型居宅介護施設 愛寿園 日陽(ひなた)は、2020年4月にオープン予定。

ご利用には、あらかじめ登録(~29人まで)が必要です。

2019年4月より、ご利用者の登録予約を行います。

小規模多機能型居宅介護施設は、ご利用人数に制限がありますので、ご希望の方は、この機会にお問合せください。

問い合わせ先
TEL:0997-62-5030 担当:田中まで